生活を便利にする業者|電話一本でラクラク利用

house work

不法投棄を無くす

増える不法投棄をする人たち

家や企業で出るゴミは適切な方法で処分されなければなりません。可燃ゴミならば適切な場所での焼却、不可燃ゴミならば適切な場所への埋め立てと適切な方法での処分が必要です。またリサイクルできるものなどはできるだけ再利用して資源を循環させなければなりません。 行政、自治体は有料でこの作業を請け負い私たちは有料でごみ袋やシールを買い、その処分費用を出しています。このお金を出し惜しみするが故、最近ではこのゴミの不法投棄が多くなっています。ゴミを出すのにお金を出すなんて馬鹿らしいという考えで不法投棄が横行しています。 また家電リサイクル法の制定により粗大ゴミ(テレビ.冷蔵庫.エアコン)などの不法投棄も多くなっています。自然環境がますます荒れていくばかりです。

粗大ゴミは適正に処分しましょう。

家で出る粗大ゴミといえば、使用しなくなった家電製品がその多くを占めるのではないでしょうか。この大型の粗大ゴミは家電リサイクル法により製造メーカーが適正に処分しなければなりません。 このような粗大ゴミは買い替える際や廃棄する場合、いくらかのお金を消費者が支払い処分をメーカーに任せるわけです。この料金は製造メーカーにより一律ではないのですがそのお金をだし惜しみするため、粗大ゴミの処分に困り不法投棄をするという形になっています。 大きな目で見れば私たちがお金を払い粗大ゴミの処分をメーカーに任せる場合、メーカーはそのゴミをリサイクルに回し、また新しくできた製品が私たちに回ってくる、この製品はリサイクルしたもので製造しているのでいくばくか安価で私たちの手に入ってくるという構図になります。リサイクル法による私たちの支払うお金は決して私たちに損になるような支払いではありません。